新じゃが、新たまねぎ、春キャベツ、春野菜はいつもの野菜とどう違う?

いよいよ春到来!スーパーなどの食料品店にも、春野菜が並ぶようになってきました。この時季になると、”新”や”春”と名がつく野菜をよく目にしますよね。

例えば新じゃが、新たまねぎ、春キャベツ。これらはいつものじゃがいも、たまねぎ、キャベツとどう違うのでしょうか?プロレシピサーチで検索できるレシピも合わせてご紹介していきます。

じゃがいもと「新じゃが」の違いって?

通年出回っているじゃがいもは、収穫後に一定期間貯蔵してから出荷されます。これは熟成のため。時間を置くとデンプンは糖に変わり、ねっとりとした舌触りとほんのりとした甘みを蓄えることができるのです。

一方、新じゃがいもは貯蔵することなく、収穫してすぐに出荷されます。通常のじゃがいもと品種は同じですが、コロコロと小ぶりのサイズで水分を多く含んでいます。皮がやわらかく薄いので、むかずにそのまま調理ができるのも特徴のひとつ。

新じゃがは煮崩れしにくいため、煮物はもちろん、スープなどにもおすすめ。その他、プロレシピサーチでは「グラタン」や「ガレット」のレシピも見つかります。

◆「新じゃが」でプロレシピサーチ!https://prorecipe-search.jp/search/?s_word=%E6%96%B0%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C&n_word=

緑部分、芽が出た部分は毒素!しっかり取り除こう

通常のじゃがいも、新じゃがいもに関わらず、緑色に変色したものや、芽が出てしまったものには要注意です!緑色の部分と芽には「ソラニン」や「チャコニン」という毒素が含まれており、これらは加熱しても消えることがありません。緑の部分、また芽の部分がはしっかり取り除いてから調理しましょう。

新たまねぎも収穫後すぐ出荷。生で食べられる

新たまねぎも新じゃがと同様です。通常は収穫後1ヶ月ほど貯蔵してから出荷されますが、新たまねぎは3月頃から早採りし、すぐに出荷。通年出回っている玉ねぎは薄茶色の皮ですが、新たまねぎはそれよりも白く、ところどころ緑がかっています。

傷みやすいので冷蔵保存がおすすめ

新たまねぎは水分が多く、辛味もあまりありません。スライスしたらそのまま食べられるので、サラダや和え物などの生食に向いています。逆に、炒め物や煮込み料理にすると、トロトロに溶けて形がみえなくなってしまうことも。この時季ならではのみずみずしさを味わってみてくださいね。保存の際は冷蔵庫の野菜室がおすすめです。水分が多い分傷みやすいので、早めに食べ切ることをおすすめします。

◆「新たまねぎ」でプロレシピサーチ!https://prorecipe-search.jp/search/?s_word=%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%AD%E3%81%8E&n_word=

「冬キャベツ」と「春キャベツ」の違い

夏に種をまき、冬に収穫するのが「冬キャベツ」。そして秋に種をまき、春に収穫するのが「春キャベツ(新キャベツ)」と呼ばれています。

「冬キャベツ」は巻きが強く、内面がしっかりと詰まっているのが特徴。葉の色も白っぽく、水分が少なめです。「春キャベツ」の方は巻きがゆるく、ふんわりとスキマが多くなっています。こちらもこれまでの春野菜と同様、水分が多くやわらかい特徴を持っています。

サラダやスープ、蒸し煮でやわらかさを楽しむ

そのやわらかさを十分に楽しむため、ちぎったり刻んだりして生で食べるのがおすすめ。蒸し煮やスープも美味しく食べられます。水分が多いため、炒める場合は「加熱時間を短く」がポイント。ベチャッとならず、食感も楽しむことができます。

◆「春キャベツ」でプロレシピサーチ!https://prorecipe-search.jp/search/?s_word=%E6%98%A5%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%99%E3%83%84&n_word=

今の時季だけ!早採りのみずみずしさを味わおう

このほか、この時季は「新ごぼう」や「新にんじん」なども店頭に並びますよね。どれも3月~5月頃に早採りされるみずみずしい野菜です。今だけしか味わえない美味しさは、特徴に合わせた調理でしっかり楽しみましょう!ぜひプロレシピサーチで、気になるレシピを探してみてください。

文:田窪 綾