時間がたっても美味しく食べたい!そうめんの”ゆで置き”のコツ

夏に出番が多い、そうめんや冷やむぎ。夏休みに留守番するお子さんのお昼ごはんや、夜遅く帰ってくる家族のためにゆで置きをしておきたいこともあると思います。お弁当をそうめんにするのも目先が変わって喜ばれそうですね。

ゆでたあと、数時間後に食べるにはどうしたらよいのでしょうか。今回はそうめんの選び方、ゆで方、保存の仕方をまとめてみました。

ゆで置きするなら「手延べそうめん」がおすすめ

そうめんには「手延べそうめん」と「機械そうめん」があります。価格は手延べそうめんの方が少し高く、1袋300g(6束入り)で400円前後。機械そうめんは1袋200円前後と大きな開きがありますが、これには理由があります。

手延べの方は字の通り、うどんのような太い状態の生地を棒状にし、ねじりを加えて縄のように編み込みながら細く延ばして熟成する、という作業を何度も繰り返します。

延ばす際は一定方向に力を加えるため、小麦粉に含まれるたんぱく質の成分「グルテン」の組織もらせん状の構造になります。もちもち食感のもととなるでんぷん粒が表面に出るのではなく、麺の中に編み込まれている状態なのでツルツルの食感に。ゆでた後ものびにくい特徴があります。

対して機械延ばしのそうめんは、製麺機で麺を延ばしてそのままカットして乾燥作業を行います。手延べのように繰り返し延ばすわけではないので、グルテン形成にもバラつきがあり、ゆでのびしてしまうのも早いです。

ゆでたてなら、手延べとは違ったもっちり食感が楽しめるのですが、ゆで置きする際は機械そうめんではなく、手延べを選ぶことをお勧めします。

ゆで置きでも表示時間通りに

数時間後に食べる場合でもゆでたてと同様に、パッケージ裏面に書かれている通りのゆで時間でOKです。ゆでるお湯の量に対し1%程度のお酢を入れると、より締まった麺になります。

少し短めにゆでた場合、水にさらして洗うときやざるに上げて水気を切るときに水分を吸いこもうとしてしまい、逆効果になってしまいます。氷水につけて保存しておくのも、同じ理由でおすすめできません。

ゆでたあとはそうめんのぬめりが気にならなくなるくらいまで洗い、ざるにあげて水気をしっかり取ります。この際、ざるの上でそうめんをドーナツ状の形にしておくと、真ん中部分から水分が落ちやすくなります。

空気に触れないように保存するのがコツ

ゆで置きをする場合は空気に触れないよう保存袋などに入れ、しっかりと密封した状態で冷蔵庫へ。

パスタを食べる時の要領でひと口サイズにクルクルと巻いておくと、そのままで置いておくよりそうめんがくっつきにくく、のびにくくなります。

食べる時は氷の上に置いたり、冷やしためんつゆを直接かけたりしてもいいですね。めんつゆで氷を作っておくのもおすすめです。保存後のそうめんはゆでたての状態とまったく同じ美味しさとはいきませんが、ゆでのびはそれほど気にせず食べることができます。

ゆですぎて余ったら「冷凍保存」もOK

そうめんをつい多くゆですぎて余ってしまった…。そんな時は冷凍保存もできます。密閉した状態なら2週間から1ヶ月ほどはOK。ただコシや風味は落ちますので、そのまま冷たくして食べるより、あたたかな出汁つゆ(めんつゆ)に入れて「にゅうめん」にした方が美味しく食べられます。

先ほどのようにひと口サイズにまとめて保存しておけば、必要な時にお椀にポンと入れて作れるので便利です。

この夏はそうめんを大活用しよう!

ゆで時間も短く、調理もかんたんなそうめんは夏の食卓の味方!上手に活用して、美味しく涼しい夏を過ごしましょう。

『プロレシピサーチ』にはそうめんを使ったレシピも多数検索できます!みなさんもお好みのそうめんレシピを探してみてはいかがでしょうか。

文:田窪 綾