今夏は7月27日(土)!土用の丑の日、「うなぎ」が定番になった謎

「土用の丑の日(どようのうしのひ)」は昔から、うなぎを食べる習慣があります。じつはこの「土用の丑の日」、季節ごとに4回あるのをご存知でしたか?暦の上で季節の変わり目とされる立春・立夏・立秋・立冬。「土用」は、その変わり目の直前である約18日間をさします。

また、以前は日にちを十二支に例えて数えており、「土用の18日間の丑にあたる日」=「土用の丑の日」と呼んでいるのです。2019年、今年の夏の「土用の丑の日」は7月27日(土)。18日間を十二支で例えているため、年によっては丑の日が2回ある場合もあります。

立夏に近い丑の日は梅雨明けと重なって急激に気温が上がるため、身体が疲れやすくなる時期。そのため「夏の土用の丑の日」は、栄養のつくものを食べることが昔からの定番でした。

うなぎを食べるのはなぜ?

うなぎが定着したことには諸説あります。たとえば、江戸時代に蘭学者・平賀源内が懇意のうなぎ屋に頼まれ考案した「本日、土用丑の日」という宣伝文句が広まった説。

ほかには歌人・大田南畝が同じようにうなぎ屋に頼まれて作った「土用の丑の日にうなぎを食べたら病気にならない」との歌が広まった、などとも言われています。

確かにうなぎはビタミン類やDHA、EPA、ミネラルなどを豊富に含む栄養抜群のスタミナ食。夏バテ気味の体に精をつけようと考えた場合、うなぎはうってつけでした。

しかし近年、ニホンウナギの稚魚の漁獲量は減少の一途をたどり、2014年には絶滅危惧種の危険性があるレッドリストに指定されています。

昔のようには気軽に食べられなくなってしまったうなぎ。では現代の「土用の丑の日」には、どんなものを食べたら良いのでしょうか?

「土用の丑の日」はゲン担ぎ。「う」のつくものを食べよう

「土用の丑の日にうなぎを食べる」習慣は、いわば昔から続くゲン担ぎ。夏バテしてしまいがちな時期なので、栄養がつくものなら何でも良いのです。それでも昔の人は丑にならい、「う」のつくものを食べるようにしていたと言われています。

たとえば、「うどん」や「梅干し」。食欲が落ちてしまった時でも、ツルツルと食べられますね。また、「うし」にちなみ、牛肉でもOK!現代ならステーキや焼肉でも良さそうですね。

うなぎの代わりになる食べ物は?

それでもやっぱり、うなぎに似たものが食べたい…。そんな時は、うなぎの蒲焼を真似た料理を用意してみるのはいかがでしょう。

たとえば「煮アナゴ」。うなぎと良く似た見た目ですが、お値段はおよそ1/4程度。お手頃価格で気軽にうなぎ気分が楽しめます。

そのほか、薄切りにしたナスやちくわを焼いて蒲焼風にするのも良いですね。

文:田窪 綾